ここから本文です

小池一夫さん死去、稀代の漫画原作者の人生を振り返る。高橋留美子さん、板垣恵介さんも教え子だった。

4/19(金) 15:20配信

ハフポスト日本版

日本を代表する漫画原作者、小池一夫さんが4月17日に亡くなっていたことが、本人のTwitterで19日に公表された。

【画像】小池一夫さん死去、稀代の漫画原作者の人生を振り返る

昭和世代には、「子連れ狼」の原作者であり、著名な漫画家と共に劇画タッチの漫画を次々と世に生み出してきた漫画原作者として親しまれた。

一方で2010年から始めたTwitterでは、漫画原作者として時流を読む目をいかんなく発揮。2019年4月の時点で89万人を超えるフォロワー数をほこり、数々の“セリフ”で平成世代の心も揺さぶってきた。

稀代のクリエイターである小池一夫さんの軌跡を振り返る。

モンキー・パンチさん、楳図かずおさん、石ノ森章太郎さん━━数々の著名漫画家ともタッグ

小池さんは秋田県に生まれ、中央大学在学中に「桃太郎侍」などの作品を世に出した時代小説家である故・山手樹一郎さんに師事。

さいとう・たかをさんの漫画会社「さいとう・プロダクション」に入社。1970年から独立して作品に取り組み始めた。

漫画原作者として一番有名なのは「子連れ狼」。

水鴎流剣術の達人である剣豪・拝一刀が、殺害された妻・薊の無念を晴らすために非業な柳生一族への復讐を決意、息子の大五郎とともにさすらいの旅を続ける壮大な物語だ。時代劇漫画の金字塔と言っても過言ではない。

1970~1976年に連載され、1973~1976年には昭和の銀幕スター萬屋錦之介さん主演のテレビドラマの好評を博した。ドラマのオープニング曲にある「しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん」というフレーズでも親しまれた。

数ある漫画原作の中でも、特に劇画漫画を中心に活躍。バイオレンスとエロを追求したアナーキーな作品を多く生み出した。

愛をテーマとしてラブコメディ要素の強い「魔物語 愛しのベティ」では、原作活動に対して第27回小学館漫画賞(1981年)で特別賞を受賞。異彩の作品としてファンから愛された。

小池さんは時代物だけでなく、様々なタッチの漫画家ともタッグを組んだ。

「ルパン三世」シリーズで知られるモンキー・パンチさんが、1970年に描いた「セクレタリー・バード(書記官鳥)」では原作者として組んだ。

当時の様子を、モンキー・パンチさんが亡くなった一報が出た4月17日、 ライバルでもあった彼に対して当時の思い出を語り「淋しくなるなあ」とつづっていた。

「まことちゃん」「漂流教室」などを描いた楳図かずおさんとは、1973年にビックコミック上で「唇役にございます」を描いた。

このほか、1977年には「空中不動産や」の原作を務め、「サラリーマン金太郎」シリーズの本宮ひろ志さんが作画を担当した。同年には「多羅尾伴内」で石ノ森章太郎さんと、1979年には「課長島耕作」シリーズの弘兼憲史さんと「兎が走る」で組んでいた。

1/2ページ

最終更新:4/19(金) 16:09
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事