ここから本文です

ミツバチ使った「梨の花」の受粉作業始まる 愛知・豊田市

4/19(金) 19:38配信

中京テレビNEWS

 愛知県豊田市でミツバチを使った梨の花の受粉作業が始まりました。

 豊田市の福受地区では、白い梨の花が満開となっています。梨は異なった品種でないと受粉しない性質があり、毎年この地区の農家では、ミツバチを使った受粉作業が行われています。

 この地区一帯には、約3000本の梨の木があり、そのほとんどの受粉をミツバチが行っているということです。

 実がなるのは早いもので7月中旬ごろになるということです。

中京テレビNEWS

最終更新:4/19(金) 19:38
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事