ここから本文です

レアル、カデーテA監督が15歳中井卓大について言及「モドリッチのような選手に」

4/19(金) 15:21配信

SPORT.es

4月19日、キリンレモンカップが開催された。スペインからはレアル・マドリーのカデーテAが参加し、世代別日本代表の“ピピ”こと中井卓大も大会に出場している。
マドリーは初戦、東京ヴェルディと対戦し、4-1で圧勝。

レアル中井、凱旋帰国初戦のヴェルディ戦は圧勝

試合後指揮官を務めるトリスタン・ダビッド・セラドル・ロドリゲスが試合を振り返り、ピピについても語っている。

■大会初戦の感想は?
「ヴェルディは時にはオフェンシブで戦術もしっかりしていて、良いクラブだと思った」

■普段選手たちには何を伝えているのか?
「1番に戦術の理解を伝えています。状況によってどんな判断が強いられるのかを伝えている。そして何よりも人として良い人間になること。日本人から学ぶことはたくさんあると思っている」

■ピピはどんな選手?
「とてもポテンシャルが高い選手。五感をしっかり持っていて重要な選手の1人。今年からフィジカル面に変化を加え、さらに成長が期待される」

■トップチームだとどんな選手になるか?
「プレーはモドリッチに近い選手になるだろう。そしてルーカス・バスケスのような中心的な選手になる。私たちはモドリッチよりも強い選手にしたいと思っている。難しいけどね(笑)」

■今大会の目標は?
「勝つことよりもいつも通りプレーすることが大切。各試合でいつも通りの状況判断ができればチームは勝利することができる」

そしてチームメイトでキャプテンを務めるマリオはピピについてインタビューに応じ「彼とは何年も一緒にサッカーをやっているが、常にとても意識の高い選手。そして何よりも人として優しい。ピッチ外ではみんなと同じように音楽を聴いて楽しんでいるよ」とプライベートな部分についても話している。

SPORT.es

最終更新:4/19(金) 15:56
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事