ここから本文です

レアルU-16が桐光学園に勝利 キャプテン務めた中井卓大は好守備を披露

4/19(金) 17:54配信

SPORT.es

4月19日、キリンレモンカップ2019 レアル・マドリー対桐光学園の一戦が行われ、1-0でマドリーが勝利を収めている。

レアル、カデーテA監督が15歳中井卓大について言及「モドリッチのような選手に」

高校サッカーの名門、桐光学園と対戦したレアル・マドリーのカデーテA。
この試合、キャプテンマークを巻いたのは中井卓大だった。お互い本日2試合目というとこともあり、リラックスした状態でゲームに入る。

ボールをポゼッションし、ピッチを大きく使いながら攻めてくるマドリーに対し、桐光学園はシンプルな対応を見せた。マドリーはボールを回しながらリズムを作っていく中で、相手のギャップに顔を出した中井に繋ぎ、前を向いて攻撃を展開する形が多く見られた。

さらに相手のカウンターに対して、中井は冷静な対応を見せ攻撃の芽を摘むディフェンスも光った。

前半終了間際、マドリーがPKを獲得し、このPKを決め1-0とリードした。
後半に入ってからもマドリーがポゼッションを続けるが、桐光学園も気持ちの入ったプレーで球際は譲らず、前線から激しいプレスでマドリーを苦しめた。

後半途中、中井はベンチへと退いたが、この試合前半のPKを守りきりマドリーが勝利を収めている。(1-0)

(文:SPORT)

最終更新:4/19(金) 17:59
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事