ここから本文です

アニメ「シンデレラガールズ劇場」ED曲「きゅん・きゅん・まっくす」歌唱キャストがコメント

4/19(金) 20:19配信

AbemaTIMES

 アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」の4月エンディング曲となっている「きゅん・きゅん・まっくす」について、歌唱キャストがそれぞれコメントを寄せた。

 同アニメは、大人気アイドルプロデュースゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」内で展開されている5コマ漫画「シンデレラガールズ劇場」を元にしたショートアニメ。キュート、クール、パッションとアイドルの属性ごとにユニットを組んだ月替りのエンディング曲も評判を呼んでおり、「きゅん・きゅん・まっくす」は一ノ瀬志希、乙倉悠貴、前川みく、椎名法子、棟方愛海というキュートタイプのアイドル5人による、可愛らしさを前面に押し出した楽曲となっている。

 日本コロムビアが運営するTwitterアカウント「アイドルマスター コロムビア公式」では、「きゅん・きゅん・まっくす」を歌唱したキャストのコメントを紹介。一ノ瀬志希役を演じる声優の藍原ことみは、「弾ける可愛さが前面に出ている曲!」と同曲を表現し、「キュートならではのとっても可愛らしい歌詞にも注目してほしいです」とアピールした。

 前川みく役を演じる声優の高森奈津美は「これぞキュート!可愛さで完封!!といった可愛さきゅんきゅんまっくすな曲です」とレコメンド。「こんなの…僕も俺も儂も私もみんな好きになっちゃう…という感じなので是非何度も聴いてください!!」と繰り返しで楽しめることをアピールした。

 また、ドーナツが大好きなアイドル・椎名法子役を演じる声優の都丸ちよは「デコレーションドーナツみたいに可愛いでいっぱいな曲」とキャラクターに重ねてコメントを寄せた。

 乙倉悠貴役の中島由貴は「アップテンポで女の子の乙女な気持ちが沢山歌詞に詰まっています!」、棟方愛海役の藤本彩花も「愛海ちゃんの『うひひ♪』な部分や『きゅるーん♪』な部分をこれでもかというくらい盛り込んで、にこにこ笑顔で歌いました」とアピール。

 「きゅん・きゅん・まっくす」はTwitter上でも好評で、ファンからは「本当に最高すぎて……だめ」「耳が溶ける」「かわいいの極み」といった絶賛のツイートが数多く寄せられている。

(C)BNEI/しんげき

最終更新:4/19(金) 20:19
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事