ここから本文です

2日続けて161キロ右腕が先発 SB初白星の千賀からスアレスへ

4/19(金) 21:30配信

西日本スポーツ

 ◆西武0-2ソフトバンク(19日・メットライフドーム)

 ソフトバンクは千賀滉大投手(26)が8回無失点と快投し、今季4試合目で初白星を挙げた。チームの連敗を3で止めた右腕に続き、20日はロベルト・スアレス投手(28)が来日初先発する。

【写真】スアレス、出た159キロ!

 今季から先発に転向したスアレスは2軍で4試合に先発して防御率1・23。開幕ローテ入りして3試合に登板したミランダが14日に左膝痛のため出場選手登録を抹消され、チャンスが巡ってきた。

 来日から昨年までの3年はすべて救援で起用され計69試合に登板(2017年は故障で登板なし)。通算70試合目で初めて先発として上がるマウンドへ向けて「身体的にも精神的にもいい状態できている。自分にとって先発で投げる最初の登板。このチャンスを生かしたい」と意気込んだ。

 スアレスは来日1年目の16年10月にクライマックスシリーズで球団最速の161キロをマーク。今季開幕戦では千賀が球団2人目となる161キロを連発しており、千賀からバトンを受けての161キロ右腕リレーで白星もつなぐことができるか。

西日本スポーツ

最終更新:4/19(金) 21:30
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事