ここから本文です

アルバルク東京とレバンガ北海道、勢いをつけてポストシーズンに臨めるのはどちらか

4/19(金) 12:44配信

バスケットボールキング

■アルバルク東京vsレバンガ北海道(@アリーナ立川立飛)
第1戦:4月20日15時5分、第2戦:4月21日15時5分

 アルバルク東京は前節の連敗で東地区2位浮上の可能性が消え、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19」にはワイルドカード1位で進むことが確定。同時にクォーターファイナルの相手も中地区王者の新潟アルビレックスBBに決まった。昨季から通算して2勝4敗と苦手にしている新潟との対戦に備え、順位が決まったとはいえ良い形でレギュラーシーズンを締めくくりたいところだ。

 前節の千葉ジェッツ戦は、1戦目がロースコアの末に残り2秒で決勝シュートを許す悔しい負け方。2戦目はややハイスコアで推移した中、第3クォーターで相手に勢いを与えてしまった。田中大貴の欠場というハンデはあったが、代わってスターターに名を連ねた馬場雄大は十分な活躍。2戦を通じて3ポイントが不発だったのが痛かった。

 そのA東京に挑むのは連敗脱出が遠いレバンガ北海道。前節の秋田ノーザンハピネッツ戦も、第3クォーターまでの踏んばりが第4クォーターに途切れて1戦目を落とすと、2戦目はわずか44得点に沈んで大敗。こちらも2戦を通じて3ポイントの成功率が低かった。連敗は20の大台に到達し、今節連敗すれば21連敗のB1記録を更新することになる。レギュラーシーズンの最後に意地を見せ、士気を高めて「B1 残留プレーオフ 2018-19」に臨みたい。

 しかし、北海道はデイビッド・ドブラスが1戦目を出場停止となる非常事態。前節2戦目にはマーク・トラソリーニも欠場しており、バイロン・ミュレンズのコンディションも不透明とあって、苦しい戦いを強いられるだろう。多少の開き直りも必要な状況だが、ここで思い出したいのはA東京と過去2シーズン互角に渡り合ってきた事実。A東京のディフェンスを混乱に陥れた連係の良さを取り戻すことができれば、連覇を狙う強豪相手といえども土をつけることは可能なはずだ。前節1戦目で12得点を挙げた関野剛平や、2戦目でトラソリーニに代わってスターター出場して10得点の野口大介にかかる期待は大きい。

文=吉川哲彦

■ロースター
・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
小島元基
齋藤拓実
安藤誓哉
馬場雄大
正中岳城
ザック・バランスキー
菊地祥平
竹内譲次
田中大貴
ジャワッド・ウィリアムズ
ミルコ・ビエリツァ
アレックス・カーク
シェーファーアヴィ幸樹

・北海道(ヘッドコーチ:内海知秀)
溝口秀人
関野剛平
山本柊輔
牧全
多嶋朝飛
折茂武彦
市岡ショーン(インジュアリーリスト)
桜井良太
デイビッド・ドブラス(第1戦出場停止)
マーク・トラソリーニ
川邉亮平
野口大介
松島良豪
バイロン・ミュレンズ
中野司
内田旦人

BASKETBALL KING

最終更新:4/19(金) 12:44
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事