ここから本文です

富士通FIP、高砂香料工業にCSR/環境経営ソリューションを提供

4/19(金) 17:00配信

BCN

 富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、島津めぐみ社長)は4月18日、高砂香料工業(桝村聡社長)に対し、CSR/環境経営を支援するソリューション「FUJITSU Sustainability Solution Eco Track(Eco Track)」を提供し、2018年4月に運用を開始したと発表した。



 高砂香料工業は従来から、CSR情報の開示に向けて、富士通FIPのソリューションを活用し、環境分野の情報収集を行っていた。今回、Eco Trackを導入することで、その情報収集の範囲をCSR業務全般となる従業員やダイバーシティなどの「人事情報」や強度率や災害発生件数などの「労務情報」、法令違反件数などの「コンプライアンス情報」まで拡張し、グローバル27カ国37拠点の情報収集を強化した。

 これにより、サステナビリティ情報を開示する国際的なガイドライン「Global Reporting Initiative(GRI)スタンダード」の中核部分への準拠をスムーズに実現した。現在は、7月に予定している「Sustainability Report2018-2019(英文)」「社会・環境報告書2019(和文)」の発行に向けて、Eco Trackの運用開始から収集したデータを活用している。

 高砂香料工業は、18年に開始した新中期経営計画に合わせて、CSR中期計画を策定しており、Eco Trackで収集した非財務情報を活用しながら、今後もさらにSDGsなど世界の課題を意識したCSR経営を推進し、グローバル社会への貢献を継続していく方針。

 これに対し富士通FIPは、高砂香料工業のパートナーとして、グローバルに展開するCSR/環境経営を、これまで培ったICTの提案力・技術力・サポート力を結集し支援し続けていく考え。

最終更新:4/19(金) 17:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事