ここから本文です

今年の中日は面白い、が…本拠地に目立つ空席 8年ぶり優勝に必要な大観衆の力

4/19(金) 10:34配信

Full-Count

6年連続Bクラスからの脱却を図る中日、ベンチの雰囲気もガラリと変化

 中日が好調だ。2019年のペナントレースが開幕し、約3週間が経過した。リーグ3連覇中の広島が開幕6カード連続勝ち越しなしで最下位に沈む一方で、低かった下馬評を覆す戦いぶりを見せているのが、与田剛新監督の下で6年連続Bクラスからの脱脚を図る中日だ。

【画像】ファンうっとり「かっこ良すぎ」… ロッテ藤原&中日根尾、爽やかすぎる2ショット

 17日のDeNA戦を戦い終えた段階で16試合で9勝7敗の貯金2。先日、1046日ぶりに貯金を生み出すと、一度5割に戻ったものの、連勝で貯金を積み増した。巨人と並ぶ2位タイにつけ、2位まで順位を上げるのも3年ぶりのことだ。

 投打の歯車がガッチリと噛み合っている。16試合を戦い終えた段階でチーム打率.280は12球団トップ。チーム防御率3.21、13盗塁はリーグトップ。捕手に加藤匠馬が入るとスタメン野手全員が打率3割を超えるという驚異的な打線になり、課題とされていた投手陣もここまでは上々の安定感を誇っている。

 与田剛監督や伊東勤ヘッドコーチら首脳陣が新たな顔ぶれとなり、ベンチの雰囲気もガラッと変わった。指揮官自らが声を張り上げ、得点が入ったり、ピンチを凌いだりすれば、ガッツポーズで感情を露わにする。先頭に立つ指揮官に引っ張られるようにベンチも明るい。チームが好調なこともあるだろうが、この雰囲気がチームの好調さを生み出している。

 好成績を残しているチーム状況について、与田監督は「手応えはないです。優勝しないと感じないでしょう。数字はいい方がいいけど、手応えとは感じていない」という。ただ、「ステップは踏んでいると思います。(選手の)変化は凄い感じています。秋からの変化は凄く感じる。全て話していたら時間がなくなっちゃうくらい。(変化を感じる部分は)多いです」とも語る。

 17日のDeNA戦で好投し2勝目をマークしたチーム最年長の山井は「チームの雰囲気はいい。みんなが向いている方向が一緒。負けている時も諦めないし、勝っているときは1点でも多く取ろうとなっている」という。中日は明らかに変化の兆しを見せ始めているのだ。

1/2ページ

最終更新:4/19(金) 15:28
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事