ここから本文です

【MLB】年俸約23億円のヤ軍野手、60日間ILへ移行 “不良債権”化にファンも怒り爆発「誰?」

4/19(金) 17:03配信

Full-Count

左臀部の手術で昨季は1年間を棒に振り、今季もいまだ復帰できず

 左臀部の手術の影響で、開幕からIL入りし、いまだに復帰できていないヤンキースのジャコビー・エルズベリー外野手。年俸2114万ドル(約23億円)の大型契約を結んでいながら、昨季は故障の影響で1試合も出場できず。さらに、このほど、10日間のILから60日間のILへと移行され、ファンからの風当たりが一層強まっている。

【動画】松井秀喜氏とヤンキースが結んだ3年2100万ドルの契約が再脚光 ファンも懐かしむ「マツイは凄く勝負強かった」 

 エルズベリーは14日(日本時間15日)に60日間のILへと移行され、ヤンキースの公式ツイッターは15日(同16日)に「今夜の試合に先んじて、ヤンキースはグレッグ・バード一塁手を4月14日付で10日間のILに入れ、マイク・フォード一塁手を3Aスクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースから呼び、メジャー契約を結びました。またジャコビー・エルズベリー外野手を60日間のILに移しました」と、バードのIL入りとともに、エルズベリーの移行を発表した。

 この発表に辛辣な反応を見せたのが、ヤンキースのファンたち。これまでにも“不良債権”と言われてきたエルズベリーの更なる復帰先延ばしに厳しいコメントが並んだ。

「60日間のILだって? この男は378日も故障しているじゃないか」
「60か月間のILにすべき」

「これを聞いてヤンキースファンは何か驚いたか?」「俺は驚いたよ、ジャコビーって誰だ?」

「エルズベリーは無期限ILに入っている」

「エルズベリーは365日間IL入りさせて引退するというのはどうだろうか」

「まって、ジャコビーまだ痛めてるの、ワオ」

 2013年オフにライバルのレッドソックスから7年総額1億5300万ドル(約170億円)でヤンキースに加入したエルズベリー。移籍後は、2014年の打率.271、16本塁打が最高の成績で、目立った活躍は出来ていない。来季まで契約を残すエルズベリーだが、果たして手厳しいヤンキースファンの前で輝きを放つ瞬間は来るのだろうか。

Full-Count編集部

最終更新:4/19(金) 18:31
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事