ここから本文です

巨人小林、264日ぶり本塁打 先制の1号3ランに菅野ら同僚も驚きの表情

4/19(金) 18:35配信

Full-Count

2回1死一、二塁でメッセンジャーから左翼スタンドへ一発

■阪神 – 巨人(19日・甲子園)

 巨人の小林誠司捕手が、264日ぶりの本塁打を放った。19日、敵地甲子園球場での阪神戦。2回1死一、二塁での打席でメッセンジャーから左翼スタンド最前列に飛び込む3ランを放った。

【動画】自身264日ぶりの一発は「伝統の一戦」で貴重な先制弾 甲子園で放った巨人・小林誠司の今季1号3ランホームラン!

 この回先頭の亀井が中前安打で出塁。続くゲレーロも中前安打で続き、1死一、二塁で打席に立った小林。メッセンジャーが投じた初球のカーブをすくうように捉えると、打球は高々と舞い上がり、左翼スタンドの最前列へと消えた。

 2018年7月29日の中日戦で小熊から放って以来となる小林の本塁打。264日ぶりの一発となる先制の3ラン。今季初本塁打に、ネクストバッターズサークルにいた菅野をはじめ、ベンチの仲間たちも驚いた様子。ダイヤモンドを一周した小林を大盛り上がりで迎えていた。

Full-Count編集部

最終更新:4/20(土) 10:51
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事