ここから本文です

前社長が取締役辞任 スペースバリューHD、不適切会計で引責

4/19(金) 2:01配信

北國新聞社

 スペースバリューホールディングス(HD、金沢市)は18日、不適切会計問題の責任を取り、会長兼社長CEOだった森岡篤弘氏が同日付で取締役を辞任したと発表した。

 森岡氏は10日に代表権のない取締役に退いたが、第三者委員会の調査で経営責任を指摘されたことから取締役の辞任を申し出た。

 同HDは不適切会計問題で、2014年3月期から18年9月中間期までの純利益を計約5億5千万円過大に計上していた。26日に再発防止策を公表する。第三者委から森岡氏と反社会的勢力とのつながりも問題視されたことを受け、同HDは「反社会的勢力との断絶を徹底する」とした。

北國新聞社

最終更新:4/19(金) 2:01
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事