ここから本文です

米ヘルスケア関連株の時価総額、4日間で1500億ドル吹き飛ぶ

4/19(金) 8:04配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 今週の米株式市場ではヘルスケア関連株の売りが医薬品株にまで広がった。この分野の株価が今年の安値付近に下がる中で投資家は痛手を受けている。

S&P500ヘルスケア株指数を構成する企業の時価総額は18日までの4日間に約1500億ドル(約16兆8000億円)減少。19日の株式市場は祝日のため休場となる。同指数は今週4.4%下落し、1月3日以来の安値付近となった。

BNPパリバ・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、クリスチャン・フェイ氏は電話取材で「この10年で恐らく3番目に悪い状況だ。状況を注視し、週明けに検証する」と語った。

ヘルスケア関連株の売りは米議会でさまざまな政策が提起されていることが主因だ。これには民間の医療給付を政府が運営するシステムに置き換えることが含まれ、業界に長期にわたる不透明感をもたらす恐れがある。テクニカル分析の指標が売られ過ぎのサインを示し、アナリストらが強気の見方を強調する中で、18日のヘルスケア株指数はかろうじてプラスを確保したものの、バイオテクノロジーや医薬品株は値下りした。

原題:Worsening Health-Care Rout Wipes Out $150 Billion in Four Days(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Tatiana Darie

最終更新:4/19(金) 8:04
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事