ここから本文です

長谷部フランクフルトが逆転EL4強!! “疑惑”の一撃も…アウェーゴール差で上回る

4/19(金) 6:02配信

ゲキサカ

[4.18 EL準々決勝第2戦 フランクフルト2-0ベンフィカ]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は18日、準々決勝第2戦を行い、MF長谷部誠所属のフランクフルト(ドイツ)はホームでベンフィカ(ポルトガル)と対戦した。2-0で勝利したフランクフルトは2試合合計4-4とし、アウェーゴールの差で逆転突破。長谷部はリベロの位置でフル出場した。

 アウェーの第1戦は退場者が出た影響もあり、2-4で敗戦。一時は3点差に開いたが、アウェーゴール2発で辛くも望みをつないだフランクフルト。ファーストチャンスを確実に仕留めた。前半36分、PA手前からMFミヤト・ガチノヴィッチが放ったミドルは左ポストを直撃したが、跳ね返ったボールをMFフィリプ・コスティッチが押し込んだ。

 このシュートを打った場面はコスティッチの位置がオフサイドに見えたが、ELは決勝までVAR判定がないため、ベンフィカ側は猛抗議。ブルーノ・ラージ監督は退席処分となった。1-0、2試合合計3-4と追い上げたフランクフルトは勢いに乗り、勝ち越しゴールを奪取した。

 後半21分、FWアンテ・レビッチのポストプレーから相手DFの間にうまく抜け出したMFセバスティアン・ローデが右足シュートでネットを揺らし、勝ち越しに成功。2-0、2試合合計4-4としたフラクフルトはアウェーゴールの差で上回り、準決勝進出を決めた。

最終更新:4/19(金) 6:06
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事