ここから本文です

世界最高CBファン・ダイク、“メッシ封じ”の対策を語る

4/19(金) 10:23配信

ゲキサカ

 リバプールに所属するオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイクが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)の抑え方について言及した。英『リバプール・エコー』が伝えている。

 17日、リバプールはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第2戦でポルトと対戦。0-2で第1戦を落としたポルトに序盤こそ押し込まれたが、FWサディオ・マネの先制点をきっかけに、ファン・ダイクもヘディングシュートを決めるなど4点を奪い、4-1で快勝。2戦合計6-1で準決勝進出を決めた。

 この結果、準決勝でバルセロナと対戦することが決定。ファン・ダイクを中心としたリバプール守備陣は、今季リーガ・エスパニョーラで33得点、欧州CLでも10得点を挙げている好調メッシと対峙することになる。

 世界最高のCBとの呼び声高いファン・ダイクは「(メッシを止めることは)全員でやることだね。彼と1対1になるべきではないし、特定のストライカーだけにやることでもない。僕たちは常に全員で対応する。それがうまく守る唯一の方法だと思うよ。だけど難しくなるだろうね。彼は世界最高の選手だから」と、メッシ封じの対策を語った。

 なお、準決勝の第1戦は5月1日にカンプ・ノウ、第2戦は同7日にアンフィールドで行われる。

最終更新:4/19(金) 10:31
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事