ここから本文です

“新エース”知念が4戦連発!! 2発で湘南下した川崎Fが今季初の連勝

4/19(金) 20:59配信

ゲキサカ

[4.19 J1第8節 川崎F2-0湘南 等々力]

 J1リーグは19日、第8節を各地で行い、川崎フロンターレはホームで湘南ベルマーレと対戦し、2-0で完封勝利をおさめた。“新エース”FW知念慶が4試合連続ゴール。「神奈川ダービー」を制し、今季初の連勝を飾った。

 ホームの川崎Fは14日の鳥栖戦(○1-0)から先発1人を入れ替え、MF田中碧が復帰。MF大島僚太とボランチのコンビを組み、4-4-2で臨んだ。湘南は前節の松本戦(△1-1)から3人を入れ替え、MF岡本拓也が5試合ぶり、DF小野田将人とFW梅崎司が2試合ぶりに復帰した。

 フライデーナイト開催の「神奈川ダービー」は1万9556人がスタンドを埋めた。湘南は序盤、アクシデントに見舞われ、FW武富孝介が足を傷めた様子でピッチに座り込んだ。前半12分に早くも最初の交代枠を使い、FW中川寛斗がピッチに入った。

 試合が動いたのは前半20分だった。大島が左後方からふわりと浮かせたボールを入れ、エリア内に走り込んだDF馬渡和彰が胸で落とす。ペナルティーアーク内のMF阿部浩之が右足ダイレクトで合わせると、技ありループは鮮やかにゴール右隅に突き刺さった。

 湘南は前半36分、ボールを奪取した小野田が駆け上がり、鋭いカウンター攻撃でエリア内から右足シュートを放ったが、相手のブロックに阻まれた。すると、チャンスを逸した直後、川崎Fが追加点を陥れた。

 前半37分、DF奈良竜樹が最終ラインの裏に絶妙なスルーパスを入れると、うまく裏に抜け出した知念がGKとの1対1を冷静に制し、右足シュートをゴール左隅に突き刺した。知念は4戦連発。視察に訪れた森保一監督にまたもアピールした。

 2点ビハインドで折り返した湘南は後半開始から交代枠を使い、小野田に代えてMF秋野央樹を投入し、4バックに変更した。後半16分にはMF齊藤未月に代えてMF鈴木冬一が投入され、交代枠を使い切った。途中出場のMF長谷川竜也や知念がシュートを連発するなど互いに最後までゴールに迫ったが、スコアは動かず、湘南は0-2で敗れた。

最終更新:4/19(金) 21:05
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事