ここから本文です

ゴールドマンが教える、決算時期の株取引にベストなタイミング

4/19(金) 14:16配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 決算発表がたけなわとなる中、株取引はいつ開始して手じまうのがいいのか、ゴールドマン・サックス・グループが答えを示した。

同行の計算によると、過去10年において、決算発表前に流動性は増し、発表日当日は低下。ボラティリティーは高まったという。言い換えれば、決算への期待が売買高を押し上げ、ボラティリティーは発表された決算への反応で高まった。

ジョン・マーシャル氏率いるゴールドマンのストラテジストらはリポートで、「決算発表前の5日間が個別1銘柄の流動性アクセスに最も魅力ある日々だ」と記入。「決算の動きに備えてポジションを取り、その後は4-6日待ってから手じまうべきだ」とした。

幅広い流動性指標は2018年末に数年ぶり低水準に下がったが、過去3カ月には改善が見られ、こうしたタイミングでゴールドマンはリポートを出した。

原題:Goldman Works Out Best Times to Enter, Exit Earnings Trades (2) (抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Joanna Ossinger

最終更新:4/19(金) 14:16
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事