ここから本文です

宮崎新作アニメは「3年後」“湯婆婆”夏木の質問に鈴木敏夫P明かした

4/20(土) 5:00配信

デイリースポーツ

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(70)が19日、東京・神田明神で開かれた「鈴木敏夫とジブリ展」(20日~5月12日)の内覧会に、「千と千尋の神隠し」(2001年)で「湯婆婆」の声を担当した夏木マリ(66)と出席し、宮崎駿監督(78)の新作長編アニメ映画「君たちはどう生きるか」の製作状況を明かした。

【写真】鈴木敏夫氏 宮崎駿監督による映画化「ありえない」

 宮崎氏は13年9月、「風立ちぬ」を最後に引退することを宣言。17年5月に撤回して新作の準備に入り、同10月には新作のタイトルが「君たち-」となることを発表していた。

 夏木から「新しい映画はどうなんですか?」と直球質問を受けた鈴木氏は、「宮崎駿が引退発表し会見をして、僕は隣で終始うれしそうにしてたのに。何もやらなくていいと思ってたら、だまされたんです。彼がもう一度やりたいと」と冗談めかしつつ回想。

 「『君たち-』は3年かけて、絵コンテが今まさに完成しようとしている。(公開時期は)まだ分からないけど3年後」と、宮崎監督の“復帰作”の進ちょく状況について、踏み込んだ発言をした。

 展覧会ではジブリ作品にまつわる鈴木氏の書や絵コンテなど500点以上を展示。夏木は「鈴木さんの頭の中が展示されているような空間。パワースポットのように人気が出そう」と興味津々だった。

最終更新:4/20(土) 6:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事