ここから本文です

<古田新太>学園ドラマで独自のこだわり 「優しいと思われたら終わり」

4/20(土) 8:20配信

まんたんウェブ

 20日にスタートする連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)で主演を務める、俳優の古田新太さん。ドラマは「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立高校が舞台の学園ドラマで、古田さんは同校に赴任した52歳のゲイで女装家の国語教師・原田のぶおを演じる。子役には「話しかけない」と、独自のこだわりを見せる古田さんに、ドラマの見どころや、女装姿などについて聞いた。

【写真特集】青いマニキュアもキラリ 乙女っぽい表情も…? インパクトの強すぎる古田新太

 ◇「怖い」と思われるぐらいがちょうどいい

 ドラマは、「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立豪林館学園高校を舞台に、ゲイで女装家の教師・原田のぶおが活躍する学園エンターテインメント。古田さん演じる原田のぶおのキャラクター監修は、女装パフォーマーのブルボンヌさんが担当する。

 本作には人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんをはじめ、関西ジャニーズJr.で「なにわ男子」の道枝駿佑さんと長尾謙杜さん、阿久津仁愛さん、須藤蓮さん、堀家一希さん、高橋ひかるさん、竹内愛紗さん、箭内夢菜さんら、注目の若手アイドルや俳優が生徒役で出演する。

 そんな“生徒”たちについて聞くと「みんな可愛いですね、それぞれ」「初回から、30人に対してまくし立てるセリフがあって。それで名前も覚えたので、今は大分認識できるようになった」と話す。

 だが、「生徒たちがうるさい(笑い)」ともいい、「10代、20代前半のやつらばっかりだから、一時も黙っていなくて、ずっと遊んでいたり、お菓子食べてしゃべっていたり。人数も多くて、みんなはしゃいでいるから、前室が暑くて」と苦笑い。

 生徒役の俳優たちとともに同室で待機することも多いが、「まだ『せんせ~』みたいなことにはなっていない」そうで、「子役が多い現場の鉄則なんですけど、話しかけない(笑い)」と独自のこだわりを明かす。

 古田さんは「娘役とか、子ども役に話しかけて、『このおじさんは優しい』と思われたら、おしまい。『古田さんは怖い』ぐらいがいいあんばいです」と持論を展開。ただ、「絡みが多い生徒、若林(長尾さん)とか東条(道枝さん)、明智(永瀬さん)とかは、ちょっと話しかけてくれるようになってきましたね」と目尻を下げていた。

1/3ページ

最終更新:4/20(土) 11:28
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事