ここから本文です

張本「やはりメダルを取りたい」 立ちはだかる世界の強豪を一挙紹介<世界卓球2019>

4/20(土) 13:23配信

Rallys

<2019世界卓球選手権大会(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

石川「東京に向けて重要」 最大の壁、中国のライバル達を一挙紹介<世界卓球2019>

2年に1度の大舞台。いよいよ、世界卓球選手権ブダペスト大会が開幕する。東京五輪前最後の世界選手権個人戦だ。今回は開幕に先立って各種目の見どころを紹介しよう。

男子シングルス 5名の日本代表

男子シングルスに挑む日本選手は以下の5名だ。
張本智和(4月世界ランキング4位・15歳・木下グループ)
丹羽孝希(同8位・24歳・スヴェンソン)
水谷隼(同13位・29歳・木下グループ)
森薗政崇(同45位・24歳・岡山リベッツ)
吉村和弘(同50位・22歳・東京アート)

張本は2017年のデュッセルドルフ大会に引き続き個人戦は2度目の出場。デュッセルドルフでは、当時13歳で初出場ながらベスト8に進出。2回戦では水谷を下し、世界を驚かせた。それから2年、世界ランキングは当時の69位から4位にまで昇りつめた。2018年グランドファイナルでは頂点に輝き、弱冠15歳にして実力は世界トップだ。公開練習でも「やはりメダルを取りたい」と語っており、自身初の個人戦メダルが大いに期待できる。

丹羽は2009年、当時14歳での初出場から6大会連続の個人戦出場だ。デュッセルドルフ大会では自身最高成績のベスト8に進出。準々決勝では樊振東(同1位・22歳・中国)に敗れ、表彰台には届かなかった。丹羽は2011年大会から4大会連続で中国選手に敗れている。先日のアジアカップでは3位に入り、好調ぶりがうかがえる。ブダペストでは中国の壁を破り、上位進出を目指す。

水谷は、世界選手権個人戦は今年が最後と公言している。2005年に初出場した日本のエースは今大会で8大会連続の出場だ。先日、目の不調を明かして世間の注目を浴びた水谷。今大会もまぶしさを抑えるサングラスを着用して試合に臨むことが予想される。過去の最高成績は2011年と2015年のベスト8。最後の世界選手権で悲願の表彰台に期待がかかる。

森薗は3月の代表選考会を勝ち抜き、初のシングルス代表の座を手にした。ダブルスを得意とし、2015年、2017年大会ではダブルス代表として出場。2017年では準優勝を果たした。今大会は男子選手で唯一、男子ダブルス、ミックスダブルスとあわせて全種目に出場する。ダブルスはもちろん、シングルスでも結果を残したいところだ。

吉村は個人、団体通じて初の世界選手権出場だ。2018年は吉村にとって飛躍の年といえるだろう。5月の香港オープンで韓国選手を連破し、センセーショナルな優勝を果たすと、12月の世界選手権1次選考会では20名中1位で突破。一年間の成績を評価され、代表に選ばれた。初のひのき舞台での大暴れに期待だ。

1/2ページ

最終更新:4/20(土) 13:23
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事