ここから本文です

【RIZIN】パッキャオ推薦選手のビアグタン、パッキャオには「まだ会ったことがない」

4/20(土) 10:14配信

イーファイト

 4月21日(日)神奈川・横浜アリーナで開催される『RIZIN.15』に出場する選手たちの個別インタビューが、19日(金)都内で行われた。

【フォト】42歳にして現役のキックボクサーという父・レイノルド

 第7試合に出場するWBCムエタイフェザー級フィリピン王者・フリッツ・ビアグタン(23=フィリピン)は、対戦相手のRISE世界フェザー級王者・那須川天心(20=TARGET/Cygames)の印象を聞かれると、「クレイジー・アメイジング・ガイ!」と、目を輝かせた。

 那須川の存在をアイドルのようなものと語るビアグタン。試合決定以前よりインスタグラムもフォローしており、対戦の話があった時は夢のようだったと、まるで少年が憧れのヒーローについて語るように興奮していた。

 那須川に比べて優っているところを聞かれても「彼はなんでも持っているので、何が優っているとは言えない。素晴らしいファイターなので、KOの約束はできない」と、控えめなコメントが続く。しかし決して戦意を失っているわけではなく、「簡単には勝たせてもらえないが、リングに上がればはっきりする。とにかくベストを尽くす。日曜日を楽しみにしておいて欲しい」と、憧れのヒーローに全力で立ち向かうことを力強く誓った。

 自分をRIZINに推薦してくれたプロボクシング6階級制覇王者・マニー・パッキャオ(40=フィリピン)との関係を聞かれると、ビアグタンは驚くべきことに「実はまだ会ったことがない」と答えた。なぜ自分がパッキャオに選ばれたのもわからないというが、「貧しい環境で育ってきたので、神様が与えてくれたチャンスだと思う」と、千載一遇の機会を与えてくれたフィリピンの英雄に感謝を述べた。会見後に初めて顔を合わせるというビアグタンは、「彼のアドバイスはきっと自分を強くしてくれる」と期待を寄せていた。

 WBCムエタイフェザー級フィリピン王座だけでなく、MMAにおいてもURCCストロー級王座を獲得しているというビアグタン。自身がメインとするMMAにいろいろな競技の要素を取り入れるため、ボクシングやキック・ムエタイに挑戦していると語った。熱心に技術を追い求める姿勢には、42歳にして元ISKA王者の現役キックボクサーだという父・レイノルドの影響が大きいようだ。

 事前アンケートにおいて、日本で戦えることを「言葉に表せないくらいうれしい!」と語ったビタグタン。近年レベルが急上昇しているといわれるフィリピン格闘技界より英雄が送り込んできた刺客として、日曜日は大きな爪痕を残せるか。

最終更新:4/21(日) 14:15
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事