ここから本文です

日本統治時代建設の宿舎群、客家人作家にちなんだ文化施設に/台湾

4/20(土) 20:20配信

中央社フォーカス台湾

(桃園 20日 中央社)日本統治時代に建てられた北部・桃園市龍潭の宿舎群が、修復を経て文化施設「鍾肇政文学生活園区」に生まれ変わり、20日に開園した。

文化部(文化省)によると、同宿舎群は1899年に開校した龍元公学校(現龍潭小)の教員宿舎で、現存する建物は1931年から1941年にかけて造られた。同小の教師となった客家人作家、鍾肇政さん(94)が1956年から11年間暮らした。2012年、桃園市の歴史的建造物に指定された。同市は2016年に修復・活用を決定し、2017年から工事が進められていた。

鍾さんは台湾で大河小説のジャンルを打ち立てた先駆者で、客家文化の伝承・発揚に積極的に取り組んだことでも知られる。宿舎で暮らした期間に、「永遠のルピナス」など多くの作品を書き上げた。同書のほか、「怒涛」、「ゲーテ激情の書」などは日本語にも翻訳されている。修復された住居は、鍾さんが生活した当時の様子が忠実に再現された。

客家の人々は、北部・桃園から中部・台中までの範囲に多く住む。政府はこの一帯を「客家ロマンチック街道」(浪漫台三線)と名付け、2016年から、環境整備や産業育成などを通じた客家の文化復興プロジェクトを推進しており、鍾肇政文学生活園区は、プロジェクトの一環として整備された。

開園式に出席した蔡英文総統は、客家文化の振興と産業の発展を目指す政府の姿勢をアピールし、今日はロマンチック街道にとって重要な事業の完成を見られたと喜んだ。

(邱俊欽/編集:塚越西穂)

最終更新:4/20(土) 20:20
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事