ここから本文です

諫早でイオンタウン起工 10月末完成予定

4/20(土) 10:43配信

長崎新聞

 長崎県諫早市大さこ町の住宅団地「グリーンヒルズいさはや西部台」内で整備が計画されている複合型商業施設「イオンタウン諫早西部台」(仮称)の起工式が19日、現地であった。10月末に建物が完成した後、オープンする予定。長崎県内のイオンタウンは佐世保市、西彼長与町に続き3カ所目。

 流通大手イオングループのイオンタウン(千葉市)が約1・9ヘクタールの敷地に鉄骨平屋1棟(延べ床面積約6200平方メートル)を建設。「マックスバリュ九州」(福岡市)のスーパーマーケットを核店舗とし、ドラッグストアや100円ショップ、コインランドリーなど15店舗が入居する予定。駐車場は約220台分。

 起工式には関係者約40人が出席。イオンタウンの加藤久誠社長は「諫早市の魅力あるまちづくりの一助となるよう努めたい」とあいさつ。宮本明雄市長は「市の新しい顔として商いが順調に進むよう願っている」と期待を寄せた。

 グリーンヒルズいさはや西部台(約80ヘクタール、計画戸数2千戸)は県住宅供給公社が整備中。イオンタウンは2016年11月、商業用地約3ヘクタールを購入していた。

最終更新:4/21(日) 0:21
長崎新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事