ここから本文です

「つながる」平成の遊び、ゲームボーイ源流 任天堂、発売から30年

4/20(土) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 任天堂の携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」(GB)が平成元年(1989年)に発売されてから、21日で30年になる。1人1台を持ち、様々なソフトを場所を選ばずに遊べる手軽さから、世界中で大ヒット。さらに、その後の携帯ゲームで欠かせない遊び方の先駆けとなった。

 GBは持ち運べるファミリーコンピュータという位置づけで、「スーパーマリオ」や「テトリス」といったゲームがカセットを差し替えるだけで遊べた。
 さらにゲーム機どうしをケーブルでつなぎ、対戦を楽しめる機能が付いていた。当初はパズルやマージャンなど単純なゲームだったが、96年に登場した「ポケットモンスター赤・緑」で遊び方が一気に広がる。…… 本文:1,061文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:4/20(土) 11:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事