ここから本文です

先輩に言われてやる気を失うセリフ、1位は?

4/20(土) 8:58配信

ITmedia ビジネスオンライン

 先輩に言われたら、やる気を奪われてしまうセリフは? 社会人1~2年目の男女に聞いたところ、「この仕事向いてないんじゃない?」(31.0%)と答えた人が最も多いことが、ソニー生命保険の調査で分かった。

【画像】先輩に言われて、やる気を奪われるセリフ

 次いで「やる気ある?」(25.5%)、「ゆとり世代だなあ」(23.7%)という結果に。「適正を否定される、意欲を認めてもらえない、世代でひとくくりにされるなど、正当に評価してもらえないことによって、モチベーションが下がってしまう人が多いようだ」(ソニー生命保険)

 このほか「そんなことは常識でしょ」(18.2%)、「前にも言ったと思うんだけど?」(14.0%)、「ちゃんと考えたの?」(13.3%)など、「知識不足や能力不足を指摘するような言葉に接すると、やる気を失う人が少なくないようだ」(同)

 男女別にみると、「女/男だからしょうがないね」(男性6.0%)、女性19.8%)では、女性のほうが13.8ポイント高かった。

やる気に火がつくセリフ

 仕事で失敗したときなど落ち込んでいるときに、先輩に言われたらやる気に火がつくセリフは何だろうか。この質問に対し、「君がいて助かった、ありがとう」(43.0%)がトップ。次いで「本当によくがんばった」(30.7%)、「何でも相談してね」(25.8%)と続いた。

 男女別でみると、「一緒に乗り越えよう」(男性20.8%、女性28.8%)は、女性のほうが8.0ポイント高い。「女性には、支えてもらえる心強さが、仕事へのパワーになる人が多いのかもしれない」(ソニー生命保険)

 インターネットを使った調査で、この春から働いている社会人1年目と社会人2年目の男女1000人が回答した。調査期間は3月15日から22日まで。

ITmedia ビジネスオンライン

最終更新:4/20(土) 8:58
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事