ここから本文です

DeNA・今永16イニング無失点 好投報われず

4/20(土) 9:00配信

デイリースポーツ

 「広島2-1DeNA」(19日、マツダスタジアム)

 力投は報われなかった。先発の今永は7回5安打無失点。得意のビジターで広島打線を封じたが、リリーフ陣が粘りきれなかった。

【写真】険しい表情のラミレス監督 試合前の悪い予感が的中?

 長打を一度も許さない力強い投球。それでも納得はしなかった。「序盤は良かったですが、四回以降はピンチを背負う場面が多く、攻撃のリズムを作ることができなかった」と反省。再三ピンチを作ったことで、流れを呼び込めなかったと悔しがった。

 七回を投げ終えた時点で球数は106球。八回以降を中継ぎ陣に託したラミレス監督は「ある程度球数がいっていたので代えました。今日はもともとそういう計画だったので」と説明した。「次回、対戦する時も味方が得点するまでは無失点で」と意気込んだ今永。これで16イニング無失点と快投を続けている。

最終更新:4/20(土) 9:14
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事