ここから本文です

小田孔明が首位キープ 5年ぶりツアーVへ

4/20(土) 17:30配信

東スポWeb

 男子ツアーの国内初戦「東建ホームメイトカップ」3日目(20日、三重・東建多度CC=パー71)、小田孔明(40=プレナス)が71で回り、10アンダーで首位を守った。最終日は10アンダーで並ぶデービッド・オー(38=米国)、9アンダーで3位の出水田大二郎(26=TOSS)と最終組で優勝を争う。

 賞金王に輝いた2014年以来、優勝から遠ざかる小田が久々のVに前進した。昨季は07年のシード獲得以来ワーストの賞金ランク44位と低迷。「いいところで回ると変な緊張があって、自分で崩れていってた」

 この日は首位からのスタートだったが「いつも通り回れた。明日は分からんけど(笑い)」。順調なオフを過ごしたこともあってか、自信を取り戻しつつある。

 3位の出水田は、九州出身者を中心に小田を慕って集まったチーム孔明の一員。「どっちかが勝てればいい」としつつも、後輩に負けるつもりはない。「オーも大二郎もツアー1勝。一番勝ち方を知っているのは自分だと思っている」。09、10年と連覇を果たした得意の大会で通算9勝目を狙う。

最終更新:4/20(土) 17:30
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事