ここから本文です

寒い夜「部屋の中に入れて」と鳴いていた子猫 飼うつもりはなかったが…

4/20(土) 15:30配信

デイリースポーツ

 栃木県に住んでいる駿河さんは、柴犬とコーギーのミックス犬(1歳)ゆずくんを飼っていたのだが、2018年11月、レモンちゃんという子猫も保護することになった。初冬とはいえ、夜になると寒さでストーブをつけずにはいられないような日の晩。一匹の子猫が「部屋の中に入れてくれ」とニャーニャー窓の外で鳴いていたという。

【写真】「おウチの中に入れてニャー」こんな表情でおねだりされたら…

 「窓を開けると中に入ってきたので、とりあえず水をあげ、コンビニでキャットフードを買って与えました。お腹が空いていたようで元気に食べましたが、疲れていたのか、すぐに寝てしまいました。猫用のトイレがなかったので、週末までは家の中で飼うことはできず、毛布を敷いた箱をガレージに置いて様子を見守っていたんです。トイレを買ってから家の中で飼い始めました」

 後で近所の人から聞いたところ、レモンちゃんは、アパートの庭を数日前からうろうろしていたのだという。母猫も兄弟も見当たらず、誰かが捨てたのかもしれない。

■「レモンがうちを選んでくれた」

 レモンちゃんを保護した駿河さんだが、「最初はレモンを飼うつもりはなく、誰かに譲渡するつもりでした。知り合いで、自身も保護猫を飼っている“くまちゃんママ”から、譲渡する方法や動物病院で何をしてもらえばいいのか、必要な物からフードの与え方まで、いろんなことを教えてもらいました」

 小さい頃から実家で犬を飼っていて、祖父母が猫を飼っていたこともあり、動物が好きだという駿河さん。野良猫を見るとご飯をあげたくなるという。くまちゃんママにレモンちゃんを譲渡したいと思ったが、「先住猫がいるので、多頭飼いはできない」と断られた。

 「レモンがうちを選んでくれたんだと思うと情がわいてきて、自分で飼うことにしたんです」

ゆずくんとの相性が良かったことも決め手になった。2匹はつかず離れず、ほどよい距離を保っているという。

■毎朝4時に起こしにくるレモンちゃん

 子猫の時に耐え難い空腹を経験したからなのか、レモンちゃんは、キャットフード(ドライフード)の音を聞くと、いつも全速力で飛んでくるそうだ。猫用のねずみのおもちゃが大好きで、飽きることなく遊ぶ。

 「毎朝4時に起こしにきます。手で顔を叩いたり、顔を噛んだりして起こしてくれるんです。起きるまで止めることはありません(苦笑)。寝顔を見られるのが嫌みたいで、寝るときは顔を手で隠して寝ます」

 あまりにも可愛がられて幸せ太りしてしまったレモンちゃん。不妊手術をした時に獣医さんから「お腹の脂肪がすごい」と言われたそうだ。少しダイエットが必要なようだ。

(まいどなニュース特約・渡辺陽)

最終更新:4/21(日) 11:13
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事