ここから本文です

【阪神】巨人戦開幕から5戦5敗で今季ワースト借金5 広島と同率最下位に

4/20(土) 18:32配信

スポーツ報知

◆阪神0―2巨人(20日・甲子園)

 阪神は巨人先発のヤングマンを打ち崩せず、今季2度目の完封負け。1987年以来、32年ぶりの巨人戦開幕から5戦5敗で今季ワーストの借金5。矢野監督は「(初回、3回と)2回チャンスがあったところで点を取れなかった。それがこういう流れを作ってしまいましたね」。広島に並ばれ、同率の最下位となった。

 打線は初回、1番・近本が遊撃内野安打を放つと、相手の隙を突いて一気に三塁まで到達。先制のチャンスを作ったが、糸原、糸井、大山が内野ゴロに倒れて無得点。2点を追う3回は1死二、三塁としたが、糸原が投ゴロ、糸井は見逃し三振に終わった。

 阪神先発の岩貞は2回に石川に2ランを浴びて先制を許したが、3回以降は得点を与えず、7回4安打2失点の好投。それでも、援護なく自身3連敗で3敗目を喫した。「先制点をあげたというのは次回反省してやっていきたい」と話した。

最終更新:4/20(土) 19:12
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/20(月) 7:35

あなたにおすすめの記事