ここから本文です

トム・ブラウンが語る「M-1後の激変」と“合体ネタ”支えた先輩のアドバイス

4/20(土) 8:00配信

オリコン

 昨年末に放送された『M-1グランプリ2018』決勝に出場し、「合体」ネタで大きなインパクトを残したお笑いコンビ「トム・ブラウン」。一気にブレイクし、今やバラエティー番組に引っ張りだことなっている2人に、M-1後の生活ぶりやこれまでの道のり、そして「合体」ネタ誕生の秘話を聞いた。

【写真】『ファンタスティック・ビースト』漫才を披露したトム・ブラウン

■プライベートが公開されると、好感度が上がる布川 好感度が下がるみちお

 M-1を機に、これまでは見る側だったテレビ番組に多数出演し、街を歩けば声をかけられるようになるなど、「生活がガラッと変わった」と2人は口をそろえる。長髪に黄色いシャツのツッコミ・布川ひろきは、テレビ朝日系『ロンドンハーツ』で貧乏生活ぶりが放送され「見てくださった方が食べ物とかいろんな物を送ってくれて、歌手の中村あゆみさんは布団を送ってくれました(笑)」とうれしそうに話すが、坊主頭でガッチリした体格のボケ・みちおへの反響は、やや異なるようだ。

みちお「布川は結婚してるから家庭生活が放送されると好感度が上がるんですけど、僕の家が放送されると『気持ち悪い』って好感度が下がるんです(笑)。『有吉ジャポン』で紹介されたときは、ゲストのみちょぱ(池田美優)に『気持ち悪いを超えて怖い』って本気で言われました。街でも2人で歩いていると声をかけられるのですが、僕ひとりだと二度見して逃げられます…」

 出演してうれしかった番組を訪ねると、布川はTBSの正月特番『ドリーム東西ネタ合戦』と今月放送の『オールスター感謝祭』、みちおは日本テレビ系人気バラエティー『しゃべくり007』を挙げた。

 布川「ダウンタウンさんや志村けんさんの前でネタをやらせていただいて、しかもトリだったので興奮しました。奥さんのご両親が『人を叩くから』という理由で、漫才師のツッコミという職業が好きじゃないんです。(笑)でも、あの番組で志村さんと共演させていただいたことで、喜んでくれました。『感謝祭』で赤坂5丁目ミニマラソンに出られたのも感激でしたね。ただ、黒木瞳さんのものまねをして走ったのに、誰もツッコんでくれなかったので、まだまだだなと思いました(笑)」

みちお「斎藤工さんが“越えられない壁”として僕らを紹介してくださったのが、うれしかったです。僕は昔から映画が大好きで、斎藤さんが出演していた映画を昔から見てきたし、俳優だけでなく監督もされて尊敬していた方だったので、名前を出していただき光栄でした」

1/3ページ

最終更新:4/22(月) 3:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事