ここから本文です

吉井和哉がイエモン再集結前に送ったメールの真意 『CDTV』で名曲ライブも

4/20(土) 12:00配信

オリコン

 19年ぶりとなるニューアルバム『9999』(17日発売)をリリースしたTHE YELLOW MONKEYが、きょう20日放送のTBS系『COUNT DOWN TV』(毎週土曜 深0:58)のアーティスト1組を深掘りするコーナー「ARTIST FILE」に登場する。

【写真】吉井和哉が歌って踊って唸る『サッポロ 本格辛口』CM

 平成元年に現メンバーで活動を開始したTHE YELLOW MONKEYは、活動休止、解散、再集結を経て、前作から19年ぶりとなるニューアルバムをリリース。ボーカルの吉井和哉が「19年間のドキュメンタリーが詰まっている」というように、紆余曲折の全てがこの作品につながっているという。

 番組では2001年に活動休止せざるをえなかった真相、16年に再集結を果たすきっかけとなった吉井和哉からメンバーに送られたメールの内容、真意まで、今だからこそ語ることができるエピソードを交えてバンドの歴史をひもとく。

 スペシャルライブでは、アルバム収録曲のみならず、「楽園」「JAM」などの名曲を2週にわたってパフォーマンス。スタジオに集まったファンとともに熱いステージを届ける。

 スペシャルコーナーでは「記録より記憶に残る平成名曲コレクション」を発表。多くの人が「あった、あった!」と共感できるような平成の名曲をたっぷり紹介。ゲストライブコーナーにはスガ シカオと家入レオが登場する。

最終更新:4/20(土) 12:00
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事