ここから本文です

小島よしお、70歳まで“海パン芸” 家のローン返済まで32年間ブレず

4/20(土) 15:53配信

オリコン

 お笑い芸人の小島よしお(38)が20日、都内で行われたアニメ『クレヨンしんちゃん』シリーズ27作目となる『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~』公開記念舞台あいさつに登壇した。「家族愛」がテーマになっていることにちなみ、妻への愛と笑いが込められたコメントで会場を沸かせた。

【写真】野原一家とともに「おっぱっぴー」を披露する小島よしお

 11年ぶり2度目の本人出演となる小島は、「妻へ あと32年」と書かれたフリップを出すと「家のローンです。そうすると、オレも70歳まで海パンをはいていないといけないので、体型維持とか迷惑かけるなと思って。これから32年も同じ芸風だと、そうなりますよね」と言葉の真意を説明。はじめはタキシード姿で登場したが、主人公しんのすけから「誰かわからないので、帰ってもらってもいいですか?」と水を向けられるとおもむろに脱ぎ始め、おなじみの“海パン芸”を野原一家とコラボで披露していた。

 最新作の舞台はオーストラリア。結婚後、新婚旅行に行っていなかったひろし&みさえだが、ある日、みさえが家族で参加OKの激安新婚旅行ツアーを見つけ、野原家全員で参加することに。しかし、旅先で待っていたのはラブラブファイヤーなハッピーハネムーンではなく…モーレツデンジャラスな大冒険を描く。

 舞台あいさつにはそのほか、木南晴夏、りゅうちぇる、小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ、橋本昌和監督も登壇。司会はテレビ朝日の野上慎平アナが務めた。

最終更新:4/20(土) 16:05
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事