ここから本文です

成田凌、キスシーン撮り直しに苦笑い「“成田のキスがうまくない”みたいになっている」【動画付き】

4/20(土) 15:03配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 俳優の成田凌と女優の岸井ゆきのが20日、都内で行われた映画『愛がなんだ』(今泉力哉監督)公開記念舞台あいさつに出席した。

 映画の原作は『空中庭園』で直木賞を受賞した角田光代氏が執筆した恋愛小説。好きになってくれない男性を一途に追いかける主人公・山田テルコを岸井、テルコが一方的に想いを寄せる田中マモルを成田が演じる。

 成田は岸井との「冷蔵庫前でのキスシーンが印象的」と振り返り、「『カット、OK!』となったら、岸井さんが監督のところに行って…」と2人でコソコソ話を始めたという。「(監督から)ざっくり言われたことは、『今のキスじゃ、岸井さんは芝居はできねー!』と…」と告白。岸井は「ちょっと待って!」と誤解があると大慌てした。

 共演者の若菜竜也が「きょうの見出し決まったね!」とイジると、成田は「“成田のキスがうまくない”みたいになっている! 違う違う」と打ち消した。この真相について今泉監督は「岸井さんは自ら(カットについて)言うことはないのですが、あのシーンだけ終わったら寄ってきて、『肉体的に求められているのはわかってはいるんだけど、肉体として求められていない感じがする』という話になった」と説明。

 さらに、「もう一度やったら(撮り直ししたら)熱量があるキスシーンになってしまい、『あ、それじゃないです』とみたいな感じになり、微調整をしていった」と微妙な感情を表現するために必要なことだったと明かした。

 司会者から「キスのさじ加減は難しいですか?」と聞かれると成田は「難しいですよね。嫌われ過ぎても、良い人と思われてもあれなので…。だからこそ、丁寧さは出ました」と話していた。舞台あいさつにはほかに、深川麻衣、若葉竜也も登壇した。

最終更新:4/20(土) 15:03
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事