ここから本文です

世界から見た「日本の空港」の可能性と未来とは? 成田空港に暗雲の予測、転換期に明暗を分けるポイントを航空専門家に聞いてきた

4/20(土) 11:07配信

トラベルボイス

空港運営が面白い時代になってきた

「世界的には、公共施設というより、事業主体である空港施設が増えている。そうしたなか、例えば欧州では、一人10ドルほどで、空港ラウンジ利用や、セキュリティ検査などの手続きがもっと迅速かつ快適に受けられるファスト・トラックのサービスを有料で提供する空港が増えている。空港の収益アップやサービス差別化につながっている」(グラント氏)。

日本の空港でも民営化の動きが始まり、面白い取り組みがどんどん登場する楽しい時代になっていくだろう、とグラント氏は予想する。その際、重要なのは、まず利用客像をデータから正確に把握することだと説く。「どこの国・都市から来ているのか、旅の目的は買い物か、文化体験か?予算は?すべてデータから読み取ることができる。また自社空港だけでなく、国内外のライバル空港など、周辺の動きも把握する必要がある」。

例えば日本の地方都市発の旅客は、成田や羽田だけでなく、韓国・仁川空港を経由して、海外デスティネーションへと乗り継いでいく需要が目立つという。こうした動きをデータから知り、本当の需要がどこにあるのか、正確に見極めることが、空港や地域活性化のカギと説く。

またインバウンド誘致においては、アクセスとなる航空座席や交通手段のキャパシティーの確保が大前提と強調する。「南米ペルーでは、大規模な予算を投下して、ナショナル・ジオグラフィック誌でゴージャスな写真や広告を展開したが、航空座席がすでに足りない状況だったので、注目度はアップしても旅客数は増えず、投資額に見合う効果は得られなかった。PRしても、アクセス手段がなければ話にならない」とグラント氏。

東京五輪の開催で、日本が注目されることは間違いないが、これを実効性のあるインバウンド市場拡大につなげるためには、「航空路線をもっと誘致する必要がある。その際、空港に求められている役割は、航空会社へのサポートと、効率的でスムーズなオペレーション」と話した。

最後に、ラグビー・ワールドカップや東京五輪の開催を控えた日本へ、旅行全般に関するアドバイスを求めると「大至急、電車や買い物などの決済キャッシュレス化を進めること。日本はテクノロジー先進国というイメージがあったが、実際に旅してみると不便だった、と感想をもらす外国人旅行者もいる」とグラント氏。厳しいが、率直な本音にしっかり向き合うことが、次への競争力につながる。

トラベルボイス編集部

3/3ページ

最終更新:4/20(土) 11:07
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事