ここから本文です

ダノンプレミアムで仕方ない? 「調教で気になる点はあったが…」【マイラーズC座談会】

4/20(土) 15:41配信

優馬

競馬専門紙 優馬TM(トラックマン)座談会

デスク「何が来ても波乱決着になりそうなフローラSとは対照的に、マイラーズCは◎が並んだダノンプレミアムでしょうがない雰囲気だな」

須藤「これまで負けたのは体調が万全でなかったダービーだけで、2000m以下ならアーモンドアイに匹敵する現役最強クラスの馬ですからね。2度に渡ってマイルCS勝ち馬ステルヴィオを子供扱いし、弥生賞ではダービー馬に快勝。そして金鯱賞ではGI馬4頭を抑えての勝利と、負かしてきた相手も超一流なのは凄いことです」

中邑「ここからはマイル路線を歩むことになりますが、気性面を考えても距離短縮がプラスとなることは間違いないですね」

桜井「あれだけメンバーも揃っていた金鯱賞で、自身が長休明けだったにもかかわらず快勝してみせたのは、能力の証明に他なりませんよ。マイルに対応できるだけのスピードもありますし、開幕週の馬場も味方となるでしょうね」

デスク「その長休明けでの快勝には、反動も付き物なんだけど」

市場「ここ2週の調教で、舌を越していることは少し気になる点ですが、重箱の隅をつつくようなことかもしれません。動きに関しては一度使って明らかに軽くなっていますし、反動の心配はしなくて良さそうですよ」

デスク「断然人気の馬に不安があれば喜んで無印にする田崎ですら、◎なんだから、やっぱり不安はないんだろうな」

田崎「その“ですら”の意味がちょっとわかりませんけど、ダノンプレミアムは本質がマイラーだと見ていますし、一戦一戦が勝負の馬だけに、仕上げにも抜かりはないと思いますね」

加茂「陣営も“レース後の反動もないし、ツメの状態も良く、全く心配はない”と、不安がないことを強調していたし、普通に調教を積めて出走しさえすれば、まず負けないと考えるべきやろな」

デスク「ここを勝って順調なら、次は安田記念、ということになるんだろうが、その前に昨年の安田記念馬モズアスコットが、本来は待ったをかけなければならない立場だよな。相手が休み明けを一叩きされて臨むのに対し、自身は香港遠征帰りの久々というのは、相当な不利ではあるんだが…」

細川「普段の調教では、変に気性のスイッチが入ってうるさい面を見せていますが、追い切りではオンとオフがしっかりしていたので、問題はなさそうです。休み明けとしては体もデキている部類ですが、カイ食いが良過ぎて馬体増での出走となりそうなのが気懸かりですね。2走前が不利、前走も体調が万全ではなかったことが敗因なので、力で大きく見劣りはしないはずですが…」

1/2ページ

最終更新:4/20(土) 15:41
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事