ここから本文です

ソムリエ田崎さん招きワインフェス 花巻 来月25、26日

4/20(土) 16:34配信

岩手日日新聞社

 5月25、26の両日に花巻市大迫町で開催される「日本ワインフェスティバル花巻大迫2019」の概要が固まった。東北、甲信越地方などの41ワイナリーが約190種のワインを提供するほか、26日はソムリエの田崎真也さんによるトークショーを企画。県内プレイガイドで前売り券を販売している。

 「THREE PEAKS」(大船渡市)、「OSA WINERY」(北海道)、「タケダワイナリー」(山形県)など新規8ワイナリーを含め、北は北海道から南は山梨県まで、第1回(2017年)の30ワイナリー、前回の38ワイナリーを上回る41ワイナリーが出展。赤、白、ロゼ、スパークリングなどさまざまな日本ワインの有料試飲(グラス1杯60ミリリットル)をチケット制で楽しんでもらう。料金はワインごとに設定される。

 同町の大迫交流活性化センターをメイン会場とし、時間は25日が午後1~5時、26日は午前10時~午後4時。ワインに合うつまみなどを販売するフードコーナー(現金制)も開設する。大型テントのステージでは、26日に日本ソムリエ協会長の田崎さんによるトークショーが開かれる。1部は午前10時から、2部は正午からで聴講無料。

 前売り券は、ワインチケット2000円分とオリジナルワイングラス1個がセット。チケット1800円分とグラス1個がセットの当日券も用意する。料金はいずれも2000円。ワインチケットは100円単位のバラ券も販売する。会場内でのボトル販売はしない。

 両日とも盛岡、北上、花巻方面への有料シャトルバスのほか、会場周辺駐車場を発着する無料シャトルバスを運行する。実行委では「日本各地のワイナリーの自慢の一品と出合えるイベント。車で来場する際はハンドルキーパーを決めてほしい」と呼び掛けている。

 チケットは花巻市役所や各総合支所、なはんプラザ、盛岡市の川徳、フェザン、北上市の江釣子ショッピングセンターパルなどで販売しているほか、セブン-イレブンやファミリーマートでも購入できる。

 問い合わせは市役所大迫総合支所=0198(48)2111=へ。

最終更新:4/20(土) 17:15
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事