ここから本文です

【動画解説】ゴールデンウィークの天気は? 連休のおすすめ持ち物

4/20(土) 12:55配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 平成から令和へと時代をまたぐ今年のゴールデンウィーク、天気と気温の傾向が見えてきました。地域ごとにお出かけにおすすめしたい持ち物についても解説します。

 4月21日からの一週間は、前半は晴れる日が多くなりそうですが、後半に広く雨が降るでしょう。10連休最初の27日(土)、28日(日)頃は晴れる見込みですが、その後、再び天気は崩れ、平成最後の30日(火)頃は広く傘の出番になりそうです。
 さらに、その先は、北日本では太平洋側を中心に晴れる日が多くなりますが、気温は平年より低くなることもありそうです。北海道では桜が見ごろになりますが、朝晩の気温は5度以下になることもありそうで、まだ冷える日が続く見込みです。このため、上着やストールなどの防寒できるものは忘れずにお持ちください。

 東・西日本は平年通り晴れる日が多く、紫外線対策が必須です。日焼け止めクリームや日傘が役立つでしょう。
 気温は平年並みの予想で、東京や大阪では最高気温が22℃前後になり、半袖で過ごせる陽気になりそうです。人ごみや車の中はさらに気温が上がりそうです。
 まだ身体が暑さに慣れていない時季なので、飲み物を持ち歩き、熱中症に注意してください。

 沖縄・奄美ではくもりや雨の日が多く、梅雨の走りのような天気になりそうです。急な雨に備えて、雨具をお持ちください。
 最新の気象情報を確認し、安全で快適に大型連休をお過ごしください。
(気象予報士・片山美紀)

最終更新:4/20(土) 12:55
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事