ここから本文です

BASARAのエース・中津良太、地元凱旋興行の直後に王座防衛タイ記録を狙う

4/20(土) 12:03配信

AbemaTIMES

 4月21日、DDTグループのプロレスリングBASARAが京都大会を開催する。会場は「長岡京市中央生涯学習センター」。昨年から開催に向けて動いてきたのは、団体のシングル王座・ユニオンMAXを保持する中津良太だ。中津は京都出身、地元凱旋興行となる。

 昨年、シングルトーナメント「頂天~itadaki~」で優勝した中津は、その賞金の使い道として「ガールズバーのはしごしようと思ってたけど、地元で大会をやる資金に」と語っていた。そこから王座奪取、防衛を重ね、ベストなタイミングでの地元凱旋となった。

 メインでは中津が谷嵜なおき、瀧澤晃頼とのユニット・スパーキーでFUMA&SAGAT&グンソと対戦する。その他のカード含め、初観戦のファンも激しくて自由で時に自由すぎ、プロレスとヨガとストレッチが混在する“BASARAらしさ”を味わえるはずだ。その2日後、23日には恒例の新木場1st RING大会が行なわれる。アルコール、ソフトドリンク飲み放題付きの名物企画「宴」興行だ。

 ここで中津は、ベストストレッチマンV3を相手にユニオンMAX防衛戦。都内でストレッチ店を営み、試合中もストレッチでパワーをためる異色のレスラー、通称ベストさんの実力を中津は高く評価している。実際、ここ一番で見せる空中殺法をはじめ身体能力は抜群だ。

 この試合は、中津にとって5度目の防衛戦。勝てば同王座の防衛記録最多タイとなる。最多防衛5を記録しているのはBASARAの代表・木高イサミだ。3.21後楽園大会で、中津はイサミに初勝利を収めて王座防衛。イサミはこの試合、ヘッドロックを軸に攻め込む、いわば“大人のプロレス”でキャリアの違いをぶつけてきた。それに対し、中津はガムシャラに蹴りまくって勝機を見出し、必殺技Vスライダーで3カウントを奪っている。

「確信しました。俺がBASARAのエースや!」
 
 イサミに勝ってそう宣言した中津。今度はイサミが持つ記録との闘いになる。後楽園では「ウチの団体は味が濃い。俺についてこいとは言いません。みなさん好きな選手がいると思いますんでBASARAについてきてください」と、エースとして団体全体を見据えた言葉も。今の中津はチャンピオンとして、エースとして急激に成長しており、その勢いは必見と言っていい。キャラクターの明るさに試合の迫力、それに“減らず口”込みのマイクアピールの巧みさ。そろそろ、より広範囲のプロレスファンに中津が“見つかる”時期ではないか。

文・橋本宗洋

最終更新:4/20(土) 12:03
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事