ここから本文です

広島・福山の魅力 映像で世界に発信へ SNSで人気の李佳霖さん、鞆を下見

4/20(土) 21:34配信

山陽新聞デジタル

 会員制交流サイト(SNS)の中国版ツイッターと呼ばれる「ウェイボー」で人気を集め、中国内外で約140万人のフォロワーを持つ中国籍の会社社長李佳霖さん(39)=横浜市=が19日、広島県福山市の魅力発信に協力するため同市を訪問、観光名所の鞆町を中心に見学した。5月中旬に再び来福し、今回の下見を参考に鞆の浦で歴史情緒あふれる動画や写真を本格撮影してアップロードする。「全世界に福山という魅力的な都市があることを伝えたい」としている。

 市が2018年度に都心部で働く有識者を人口減少対策担当として委嘱した「戦略推進マネジャー」の1人で、外資系製薬会社勤務の中国籍裴崗さん(44)=東京都=が李さんの知人だったことから実現した。

 この日、初めて福山市を訪れたという李さんは市職員の案内で、裴さんと福山城や福山駅周辺を見学した。その後、鞆町へ移動し高台にある市鞆の浦歴史民俗資料館を訪問。玄関前広場では、通堂博彰館長の案内で瀬戸内海の景色を見ながら、鞆の浦が「潮待ちの港」として江戸時代に繁栄し、現在も古い商家が残ることや、市外から風光明媚(めいび)な海と街並みを見に訪れる観光客が多いことなどの説明を受けた。

 李さんは「初めて鞆の浦の景色を見て感動した。2人の子どもがおり、ママ目線で感じたことを映像で表現したい」と話した。市企画政策課は「中国人観光客の増加につながれば」と期待している。

最終更新:4/20(土) 21:34
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事