ここから本文です

フェド杯 日本WG2部残留に王手、土居美咲に続き日比野菜緒も勝利<女子テニス>

4/20(土) 13:56配信

tennis365.net

フェドカップ

女子テニスの国別対抗戦フェドカップは20日、ワールドグループ2部プレーオフ(入れ替え戦)日本vsオランダのシングルス第2試合が行われ、世界ランク112位の日比野菜緒が同149位のB・スクフース(オランダ)を6-1, 6-2のストレートで下し、日本は2勝目をあげてワールドグループ2部残留に王手をかけた。

【日比野菜緒がツアー初優勝】

第1試合で世界ランク104位の土居美咲が1勝目をあげる好スタートを切ると、第2試合の日比野も勢いに乗りスクフースを圧倒。マッチポイントではワイドへのサービスを決めた。

日本は2月のワールドグループ2部1回戦スペイン戦(日本/北九州、室内ハード)で2勝3敗で敗れ、ワールドグループ・プレーオフ(入れ替え戦)進出を逃していた。

一方、オランダはカナダに0勝4敗で敗れ、2部プレーオフに臨んでいる。

<日本vsオランダ組み合わせ>

【大会1日目】

第1試合:土居美咲 6-3, 6-4 R・ホーヘンカンプ(オランダ)

第2試合:日比野菜緒 6-1, 6-2 B・スクフース


【大会2日目】

第3試合:土居美咲 vs B・スクフース

第4試合:日比野菜緒 vs R・ホーヘンカンプ

第5試合:青山修子/ 穂積絵莉 vs L・ケルクホーフ(オランダ)/ D・シヒュース(オランダ)

最終更新:4/20(土) 13:59
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ