ここから本文です

グラウジーズ快勝 三遠に89-72

4/20(土) 20:09配信

北日本新聞

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の富山グラウジーズ(中地区4位)は20日、富山市総合体育館で三遠ネオフェニックス(同5位)に89-72で快勝した。3連勝で通算31勝28敗。地区順位は暫定3位に浮上した。チャンピオンシップ(CS)出場を懸けたワイルドカード争いは、暫定ながらCS出場圏内の2位に浮上した。

 富山は第1クオーター、シュートを決め切れず15-18とリードを許した。しかし第2クオーターで山田が攻守で存在感を示しリズムをつくると、ライオンズらの得点で逆転し47-32と一気に点差を広げた。

 後半もライオンズやスミスを中心に攻め込み主導権を握り続け、阿部の3点シュートなどで勝利を決定づけた。

 富山がCSに出場するには、21日も三遠に勝利した上で、通算32勝27敗で西地区2位の名古屋が勝利することが条件となる。名古屋が敗れても、通算31勝28敗で同3位の京都が負ければ出場できる。名古屋が負け、京都が勝利した場合のみ富山が出場できなくなる。

 次戦はレギュラーシーズン最終戦。21日の三遠戦は午後1時5分から同体育館で行われる。

富山 89 - 72 三遠
(1Q)15 - 18
(2Q)32 - 14
(3Q)17 - 21
(4Q)25 - 19
▽観衆 4241人

北日本新聞社

最終更新:4/21(日) 8:31
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事