ここから本文です

西武が連敗止める、今季5戦目でホークスに初勝利 鷹は来日初先発のスアレス乱調

4/20(土) 17:45配信

Full-Count

先発の今井が7回途中3失点で今季2勝目、鷹スアレスは3回途中6失点

■西武 6-4 ソフトバンク(20日・メットライフ)

 西武は20日、本拠地ソフトバンク戦に6-4で勝利。連敗を「3」で止めた。先発の今井が7回途中3失点で2勝目(2敗)。打線は2回に一挙5点を奪うと、3回には主砲・山川の7号ソロも飛び出した。

【動画】チャンスの場面で最高の結果に 西武・木村文紀が放った走者一掃のタイムリー3ベースヒット!

 今井は初回、今宮に先制ソロを浴びるも、打線がすぐに反撃。スアレスから2死満塁の好機を作ると、木村が走者一掃の逆転タイムリースリーベース。金子侑、源田にも適時打を飛び出すなど、5点をもぎった。さらに、3回には山川が7号ソロ。スアレスをKOした。

 今井は2回以降は無失点に抑える力投。しかし、7回先頭のデスパイネにソロ弾を浴びると、内川に二塁打を浴びて降板。その後、救援陣が打たれて失点は3となったものの、西武は逃げ切って白星。今季5戦目でソフトバンクから初勝利を挙げた。

 ソフトバンクは来日初先発のスアレスが2回0/3を6失点と乱調。今季初登板で初黒星を喫した。

Full-Count編集部

最終更新:4/20(土) 17:45
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(土) 13:25

あなたにおすすめの記事