ここから本文です

広島が初3連勝も…頭部死球の松山は救急車で病院へ 緒方監督「待つしか…」

4/20(土) 18:46配信

Full-Count

床田が7回1失点で3勝目「最後までしっかり投げてくれた」

■広島 9-2 DeNA(20日・マツダスタジアム)

 広島は20日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に9-2で快勝し、今季初の3連勝を飾った。先発の床田が7回1失点の好投で3勝目。打線は4回に一挙6点のビッグイニングを作った。

【画像】ファン「可愛い」も…野間「チンピラ」 広島・鈴木が幼少期写真を公開

 緒方監督は「床田が前回同様、初回からしっかり投げてくれて、その流れの中で打線がウチらしい攻撃をした」と投打が噛み合っての快勝に満足そうだった。床田は前回登板でプロ初完投を記録したが、指揮官は「7回はちょっと握力がなくなって、抜ける球が見られるようになった」と交代の理由を説明し、「それでも最後までしっかり投げてくれた。ナイスピッチング」とチームの勝ち頭となっている左腕を称賛した。

 8回の攻撃では、代打で登場した松山が頭部に死球を受け、試合後に救急車で搬送されるアクシデントもあった。緒方監督は「明日は脳震盪プログラムに入ることになるだろうけど、経過を見て復調を待つしかない」と、打率1割台と不振でも起用を続けた愛弟子を心配した。

 打線がつながり、3連勝で初のカード勝ち越しを決めたチームには、ようやく昨年までのような明るさも戻ってきた。まだ借金5と苦しい状況は変わらないが、「また明日、しっかり戦うだけです」という緒方監督のコメントも、昨年までの通常モードに近づいてきた。

大久保泰伸 / Yasunobu Okubo

最終更新:4/20(土) 19:24
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事