ここから本文です

U-20W杯まで1か月…負傷交代の浦和MF橋岡「深刻な状況ではない」

4/20(土) 17:15配信

ゲキサカ

[4.20 J1第8節 浦和1-0神戸 埼玉]

 担架で運ばれてピッチを後にした。左太ももを気にしながら途中交代した浦和レッズMF橋岡大樹だったが、試合後には「大げさなことではない」と強調した。

 後半11分だった。サイドを駆け上がったDF三原雅俊の突破を阻もうとスライディングを敢行。しかし、直後には手を挙げて負傷をアピールし、左足を抱えながらタッチラインの外に出ると、倒れ込んで顔を抑えた。ベンチはすぐさま動き、DF宇賀神友弥との交代を余儀なくされ、自身は担架に乗ってピッチを後にした。

 試合後に松葉杖を突いて取材エリアに現れた橋岡は、「深刻な状況ではないけど、あまり足をつくなと言われたので大げさにやっているだけです」と平静に語る。5月下旬に開幕するU-20W杯に出場するU-20日本代表の主力の一人として期待が懸かる男は、「病院に行ってみないと分かりませんが、(U-20W杯には)響かないと思います」と答え、取材エリアを後にした。

最終更新:4/20(土) 17:15
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事