ここから本文です

「この音とまれ!」舞台化決定 主演に「テニミュ」の財木琢磨

4/21(日) 7:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]「ジャンプSQ.」(集英社刊)で連載されているアミュー氏の音楽漫画「この音とまれ!」の舞台化が決定した。

 原作は、和楽器の箏(こと)を題材に、高校生たちの青春を描く物語。時瀬高校の箏曲(そうきょく)部でひとりになってしまった部長・倉田武蔵のもとに、主人公の不良少年・久遠愛(くどおちか)とその友人たち、そして天才的な箏の腕前を持つ鳳月さとわが現れる。分割2クールでのテレビアニメ化も決定しており、第1クールが放送中、第2クールが10~12月に放送予定。

 舞台版では、ミュージカル「『テニスの王子様』3rdシーズン」の手塚国光役で知られる財木琢磨が、主人公の愛を演じる。財木は「学生時代、あの頃一生懸命になってたものを思い出しながら、原作の役に入り込み、僕が感じたこの作品の良さを皆様にお伝えできればと思ってます」と意気込みを語っている。また、倉田役を「Live Performance Stage『チア男子!!』」の古田一紀、さとわ役を舞台「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE STAGE」の田中日奈子が務める。演出と脚本は舞台「ノラガミ-神と絆-」「『DIVE!!』The STAGE!!」などを手がけた伊勢直弘が担当する。

 舞台「この音とまれ!」は、8月17日~25日に東京・全労災ホール/スペース・ゼロ、9月7、8日に福岡・ももちパレス、9月14、15日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。チケットは、イープラスで最速先行受け付けを4月21日午後11時59分まで行っており、価格は非売品グッズ付きのプレミアムシートが1万1000円、一般席が8800円(いずれも税込み)。

最終更新:4/21(日) 7:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ