ここから本文です

【フローラSの見どころ】昨年から優先出走権は“上位2頭” 本番に進むのはどの馬か

4/21(日) 7:15配信

netkeiba.com

 上位2頭にオークスの優先出走権が与えられるトライアルレース。本番に進むことができるのはどの馬か。出走する主な有力馬は次の通り。

【写真】フェアリーポルカこれまでの軌跡

■4/21(日) フローラS(3歳・牝・GII・東京芝2000m)

 ウィクトーリア(牝3、美浦・小島茂之厩舎)は2008年の秋華賞馬ブラックエンブレムの娘。前走の500万下は休み明けで馬体重もプラス12キロだったが、楽々と逃げ切って見せた。今回は逃げ切りの難しい東京芝2000mだが、勝ってオークスに進むことができるか。

 フェアリーポルカ(牝3、栗東・西村真幸厩舎)はここまで3戦2勝。負けた1戦もヴェロックスが勝った若駒Sの3着で、牝馬同士なら能力は上位だろう。今回は初の関東遠征、初の左回りコースとなるが、勝ち負けを期待したい。

 その他、フラワーCで4着のシャドウディーヴァ(牝3、美浦・斎藤誠厩舎)、ミモザ賞を勝ったエアジーン(牝3、美浦・堀宣行厩舎)、クイーンCで3着・フラワーCで5着のジョディー(牝3、美浦・戸田博文厩舎)、シンザン記念で4着のパッシングスルー(牝3、美浦・黒岩陽一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

最終更新:4/21(日) 7:15
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事