ここから本文です

ヤマトの黒猫を「ブタ」だと思ってました… 勘違い描いた漫画が話題 他社ロゴにも続々派生、作者に聞いた

4/22(月) 7:00配信

withnews

 ヤマト運輸の「ネコマーク」を、ずっと豚鼻のネコだと思ってました……。そんな勘違いを紹介した漫画が、ネット上で注目を集めています。見た人たちからは「JAは腹筋している人に見える」「JISマークは横顔だと思ってた」といった派生ネタも寄せられています。投稿主に話を聞きました。

【画像】話題の漫画はこちら。カルビーの「ポテト坊や」のたすきが歯に見えてたそうで、かなりホラーです!

ネコマークとポテト坊や

 今月16日に「子供の頃はこう見えてた」という文章とともにツイッター投稿された漫画。

 そこに描かれているのは、かつてまったく別のものに見えてい例として、ヤマト運輸の「ネコマーク」と、カルビーポテトチップスの「ポテト坊や」の2つが挙げられています。

 母猫が子猫をくわえているネコマークは、子猫の顔が豚鼻に見えたために豚だと思っていたこと。

 ポテト坊やについては、「POTATO」と書かれたたすきが歯に見えたため、怖いキャラだなと思っていたことが紹介されています。

 そして最後は「なんでこんな風に見えてたのかな~ でも もしかしたら今でも勘違いして見てるもの あるだろうな~」と締めくくられています。

投稿主に聞きました

 この投稿に対して、「ブタに見えてたの私だけじゃなかった」「ポテトチップスの真の顔に気づいたときの感動ヤバかった」といったコメントが寄せられ、リツイートは3千、いいねは1万2千を超えています。

 また、この話題から派生して「ミスドのマークはこいのぼりの縦バージョンだと思ってました」「キティさんの鼻をずっと口だと思ってました」といった声も上がり、まとめも作られています。

 「日頃からツイッターにあるある・共感漫画をアップしているのですが、この漫画も『自分はこう見えてたけど、みんなはどうなのかな』と思って制作しました」

 そう話すのはイラストレーターのフナカワ(@funakawana)さん。ツイッターでも人気のキャラクター「チャンミー」で知られています。

中学生で気づいて驚いた

 ポテト坊やについては、英語を習い始めた中学生の頃に正しい見方に気づき、ネコマークはいつだったか覚えていないというフナカワさん。

 「あれ、これ口じゃない。「POTATOって書いてある!」と気づいたときは、けっこうびっくりした気がします」

 余計な情報を入れず親切に、と意識しながら描いたという今回の漫画。話題になったことについては、こう話します。

 「『私はこれを勘違いしてました』という旨のリプライを結構頂いて、『ああ自分もこんな風に見えてたな』というものが結構ありました。たくさんの人に見ていただけてラッキーだな~と思います」

ヤマト運輸とカルビーに聞きました

 ヤマト運輸によると「ネコマーク」が使われ始めたのは1957年6月。

 「親猫が子猫を扱うように、お荷物を丁寧に扱います」との意味がこめられているそうです。

 2016年には、デザインを担当した社員の子どもが描いた原案が見つかり、話題になりました。

 ◇ ◇ ◇

 カルビーによると「ポテト坊や」は通称で、正式な名前はありません。

 ポテトチップスが発売された翌年の1976年からパッケージに登場しているそうです。

 ポテトチップスクリスプやサッポロポテトなど、ジャガイモを使用した商品のパッケージにも登場していますが、ポーズはすべて同じだそうです。

最終更新:4/22(月) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事