ここから本文です

ゴルフボールの中は抽象芸術!? カラフルで美しい断面写真に思わず見入る

4/21(日) 9:30配信

ねとらぼ

 ゴルフボールの内部構造の写真が、抽象芸術として注目を集めています。ゴルフボールは種類によって素材などが異なり、断面の色や質感にはさまざまなパターンがあります。アイスクリームのようなもの、金属のシェルが中心に入っているものなど、美しい模様のように見えるのではないでしょうか。

【画像で見る】他のゴルフボールの断面

 ゴルフボールの内部構造の写真を集めた「Interior Design(インテリアデザイン)」は、米オハイオ州で活躍している写真家ジェームズ・フリードマン氏の作品。同氏はゴルフはやっておらず、もともと抽象芸術にも興味がなかったとのこと。ある日偶然、ゴルフ用品の展示会で半分に切られたゴルフボールを見かけて、着想を得たそうです。

 これらの写真のオリジナルは実はとても大きくて、一辺あたり約91センチの正方形になっています。フリードマン氏のプロジェクトページから詳細を確認できるので、興味を覚えた方はのぞいてみてください。同氏は数々の賞を受賞しており、Webサイトでは他にもいろいろな作品が見られます。

All Photographs Copyright James Friedman

ねとらぼ

最終更新:4/21(日) 9:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事