ここから本文です

【REBELS】ぱんちゃんが多彩な技で圧勝

4/21(日) 8:19配信

イーファイト

REBELSプロモーション
「REBELS.60」
2019年4月20日(土) 東京・後楽園ホール

【フォト】ぱんちゃんのパンチがヒット

▼第1試合 REBELS-MUAYTHAIルール(ヒジなし) 45.5kg契約 2分3R(延長なし)
●Sae_KMG(クラミツムエタイジム)
判定0-3 ※三者とも27-30
○ぱんちゃん璃奈(25=STRUGGLE)

 ぱんちゃん璃奈は、TOKYO MXにて放送されているスポーツ情報番組『BE BOP SPORTS』内にて、現役有名選手がコーチを務めてアマチュア女子選手をプロに育てる『PANCRASE REBELS TRYOUT』に出演。元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者・梅野源治(30=PHOENIX)のコーチを受け、2月17日に開催された『PANCRASE REBELS RING.1』でプロデビュー。2度のダウンを奪ってぱんちゃんが判定勝利、賞金と団体とのプロ契約を獲得した。今回はプロ2戦目となる。

 対するSaeは、35歳以上限定のキックボクシングイベント『NICE MIDDLE』出身で、10代の選手を相手に一歩も退かないファイトを見せて”鉄の女”と呼ばれる。プロキャリアは約4年で今回は10戦目。

 1R、ぱんちゃんがワンツーからの右ロー、前蹴りでペースを握るが、Saeは打たれながらも前進を止めない。何度もぱんちゃんの右ストレートが顔面をとらえるが、Saeは首相撲に持ち込もうと積極的に組みに行く。

 2R、右前蹴りで突き放しつつ、下がりながらリーチの長いワンツーで攻めるぱんちゃん。Saeは変わらず前進し、首相撲からの膝に活路を見出す。ぱんちゃんは離れ際に右ハイ、左前蹴りで距離を保つ。

 3R、開始直後にSaeが前ラウンド終盤にカットした右まゆ上の傷をドクターチェック。再開後、ぱんちゃんは徹底して距離をとり、離れたらスーパーマンパンチを叩き込み、詰まれば右テンカオで突き放す。前進はするものの手が出なくなったSaeに、ミドル、ハイ、ワンツーと多彩な攻撃を繰り返すぱんちゃん。

 判定は危なげなくぱんちゃんがフルマークの完勝。KOこそ逃したものの、多彩な攻撃手段と戦略を実行しつづけるクレバーさを披露したぱんちゃん。試合後は笑顔で観客の声援に応えた。

最終更新:4/21(日) 8:19
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事