ここから本文です

保護された太りすぎの猫ちゃん 健康な体と新たな家族を手に入れるために頑張ってダイエット中!

4/21(日) 20:00配信

ねとらぼ

 動物保護施設にやってきた、およそ18キロ(!)もある太った猫ちゃんがネット上で話題となっています。

【画像:抱えられた姿】

 米ニューヨーク州マンハッタンにある動物保護施設に「Barsik」という名前の猫が保護されてきました。見るからに巨大な体をしているBarsikの体重はなんと約18キロ! 一般的な猫の標準体重の6倍もあるのです。

 人間でいうと、5歳児くらいの重さがあるBarsik。かなり太りすぎているので、獣医師によるヘルスチェックを受け、ダイエット計画をたて「健康」を目指すことに。人間のダイエットと同じで、カロリーを計算された食事、そして適度な運動。急激に体重を落とすのは危険なので、徐々に減らしていくようにするそうです。

 同じマンハッタンにある猫の保護施設「Anjellicle Cats Rescue, Inc.」がBarsikのダイエットのお世話をしてくれることになりました。引っ越しにより前の飼い主さんに手放されたBarsik、新しい場所、知らない人間に囲まれてはじめは怖がっていたようでしたが、すぐに自分に危害を加える場所ではないと理解し、落ち着いたそうです。

 施設の職員たちや世話をする里親さんは、彼が持っているかもしれないあらゆる健康問題を解決し、ゆっくりと確実に体重を減らすまでは新しい飼い主さんは募集しないことにしているそうです。そして、飼い主さんを探すときがきたら、このダイエット計画を継続してくれる人にBarsikを託そうと考えています。

 食事制限や運動はつらいことも多いかもしれませんが、健康に長生きするためにBarsikには頑張ってほしいですね! そしてすてきな飼い主さんさんが見つかりますように!

ねとらぼ

最終更新:4/21(日) 20:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事